芦屋市で20時まで診療する、打出駅近くの歯医者さん

〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町9-9 芦屋ヒロセビル1階
阪神電鉄「打出」駅より南へ徒歩7分

受付時間
9:30~12:20 ×
14:30~19:20 ×

△:14:30~16:20
休診日:日曜・祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

0797-34-6480

※予約優先制

ムシ歯治療のQ&A

ムシ歯治療のQ&A

ムシ歯の治療にはどのようなものがありますか?

ムシ歯の大きさ場所かみ合わせなどによって治療の方法は変わります。

◆小さいムシ歯の場合には白い、歯と同じ色の合成樹脂でつめる治療

◆奥歯の歯と歯の間にできたムシ歯や大きなムシ歯、かみ合わせが強い場合などには型をとって金属のつめ物をする治療

◆さらに大きな場合には神経の治療をしたり、かぶせ物を入れる治療になります

ムシ歯はいつ治療するのがよいのですか?

ごくごく初期のムシ歯はまだ治療する必要がありません

しかし初期ムシ歯の段階を過ぎてしまうと自然に治ることは絶対にありません。

小さいムシ歯なら歯を削る量も少なく、簡単に終わる治療ができますが、進行したムシ歯では歯を削る量も多くなってしまって歯へのダメージが大きくなってしまいます。

治療回数も多くなってしまうのではやく治療をしたほうがいいでしょう。

「痛くないのにムシ歯がある??」と疑問に思われる方も多いですよね。

残念ながら歯医者でみつかるムシ歯の多くまだ痛みが出ていない状態のものです。

定期的に検診を受けて、治療が必要な歯には早めの治療をお薦めします。

麻酔がコワいです 麻酔は必要ですか?

麻酔が好きな方… いませんよね…

神経のある歯を削るのはどうしても痛みを伴います。

麻酔がイヤだから痛みをガマンするよりは、麻酔をして痛くないように治療する方がいいですよ。

さくら歯科ではできるだけ痛くない麻酔を心がけています。

麻酔は痛くないようにできないのですか?

歯医者に行きたくない理由ですよね。

さくら歯科ではイヤな麻酔の注射ができるだけ痛くないように心がけています。

注射の麻酔の前に塗るだけの表面麻酔をして注射の痛みが少なくなるようにします。

針はできるだけ痛くないように極細のものを使います。

注射器はスピードがコンピューター制御された電動のものを使います。

ゆっくり時間をかけて力が強くなりすぎないようにできるので痛みを少なくできます。

麻酔が効きにくい体質ってあるのですか?

麻酔が効きやすい場所・効きにくい場所、麻酔が効きやすい方・効きにくい方、治療が終わってもなかなか切れない方・すぐに効果が切れる方、様々です。

「酒飲みは麻酔が効きにくい」などと言われることもありますが、全身麻酔ではそのようなこともあるようです。

歯医者で使う局所麻酔では関係ありません。

痛くないのにムシ歯がある、なんてことあるのですか?

「痛くないのにムシ歯がある??」と疑問に思われる方も多いですよね。

残念ながら歯医者でみつかるムシ歯の多くはまだ痛みが出ていない状態のものです。

定期的に検診を受けて、治療が必要な歯には早めの治療をお薦めします。

痛くないからムシ歯はない、痛みがなくなったから大丈夫、という考えはとても危険です。

痛くないのに健康な歯まで削られたことがあるのですが?

現在の歯科治療はできるだけ削る量を少なくして「最小の侵襲」を心がけています

通常、健康な歯を削るということはありません。

痛みは出ていないけどムシ歯になっていて、歯科医の説明不足で誤解があるのかもしれません。

ただ、抜歯をした後の処置でブリッジにする場合は健康な歯でも削ることがあります。

冷たいもので歯がしみます ムシ歯ですか? 知覚過敏とはなんですか?

冷たい物がしみてしまう原因はムシ歯知覚過敏が主なものです

知覚過敏とは「感じる」程度の刺激が「しみる・痛い」と感じてしまうもので、ムシ歯ではありません。

歯ぐきがさがってしまってもともとは歯ぐきに覆われていた歯の根の部分がでてしまっていることが原因となることが多いです。

他にはかみ合わせの力が集中している歯に起こることもあります。

ムシ歯は自然に治らないのですか?

ごくごく初期のムシ歯は徹底した処置と管理で再石灰化して治ることもあります。

しかし初期ムシ歯の段階を過ぎてしまうと自然に治ることは絶対にありません。

痛くなくなった、はれなくなったというのはムシ歯が治ったわけではありません。

小さいムシ歯なら歯を削る量も少なく、簡単に終わる治療ができますが、進行したムシ歯では歯を削る量も多くなってしまって歯へのダメージが大きくなってしまいます。

治療回数も多くなってしまうのではやく治療をしたほうがいいでしょう。

「痛くないのにムシ歯がある??」と疑問に思われる方も多いですよね。

残念ながら歯医者でみつかるムシ歯の多くはまだ痛みが出ていない状態のものです。

定期的に検診を受けて、治療が必要な歯には早めの治療をお薦めします。

ムシ歯を治療せずにそのままにしておくとどうなりますか?

ごく初期のムシ歯以外は自然に治るということはありません。

そのままにしておくと確実にどんどん進行してしまいます。

小さいムシ歯なら歯を削る量も少なく、簡単に終わる治療ができますが、進行したムシ歯では歯を削る量も多くなってしまって歯へのダメージが大きくなってしまいます。

治療回数も多くなってしまうのではやく治療をしたほうがいいでしょう。

治療をすれば残すことができた歯も抜歯しなければいけなくなってしまうこともあります。

歯の根の先、骨の中に膿がたまってしまってひどいことになることもあります。

隣の歯やかみ合わせの歯の位置が変わってしまって全体のかみ合わせに悪影響がでることもあります。

ムシ歯があるのに治療をしない、というのは決しておすすめはできません。

つめ物が取れてしまったのですが、そのままつけてもらえますか?

ムシ歯ができていない、つめ物に問題がない場合などにはそのままつけることもできます。

ただ、そのままつけることができる場合というのはかなり少ないです。

ムシ歯になって取れてしまったケースのほうが圧倒的に多いので、はやめにみてもらってしっかり治療を受けた方がいいでしょう。